家系図

こんにちは!大槻です。

台風🌀の進路が気になる週末です。

大きな被害が起こりませんように‼

さて、かつて愛読していた日本講演新聞の中で家系図の広告が出ていて、

嫁ぎ先である大槻家のご先祖様について知りたいとずっと気になっていました。

そして義父母の家じまいをした事がきっかけでお願いする事にしました。

仏壇じまいの前には初めて過去帳を手に取り、ご先祖様の名前を知りました。

出来上がりを楽しみにしているところです。

 

ご先祖様を10代前までさかのぼるとその人数は1024人に、20代前で104万8576人に、

30代前には10億7374万1824人のご先祖様がいる事になるそうですΣ(゚Д゚)

私の実家の祖父は三男坊だったのですが、長男、次男が病気や戦争で亡くなり、

戦争から無事帰ってきた祖父が跡とりとなりました。

子どもの頃は生死を彷徨う病気にもなった事があるそうですが、

その後丈夫に育ち、戦時中の過酷な中、生きて帰って来ました。

夜通し睡魔にもあいながら歩いた話や、朝起きたら周りは霜が降っていたなど聞いた事があります。

そして私の曾祖母である祖父の母は沢山の子どもを産み育てましたが、その頃流行った結核や戦争で夫や息子達を亡くし、

娘は嫁いでいて一人で家を守っていました。祖父が戦争から帰って来た時はとても喜んだそうです。

祖父が生きていたおかげで私がいるのだなぁと感慨深い気持ちになります。

両親だけでなくその裏には沢山のご先祖様がいて命のバトンが繰り返されてきました。

ご先祖の事を知ることは、自分が命をいただいた事に感謝できたり、

いつかは自分も亡くなり先祖の仲間入りするわけで、

子孫にも恥じない生き方をしたいと感じるようになるのではと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA