マダニっ記

林でございますconfident

みなさん、お盆はゆっくりできましたでしょうか?

私は家のお掃除、お墓参り、マウンテンバイクでクラッシュ、お勉強、マダニに咬まれる等、

結構、濃いお盆休みとなりましたsad

マダニに関しては、咬まれることで感染症を起こすことがあります。

その感染症のなかに「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」というのがあり、

これに感染すると治療法やワクチンが今のところありません。

国内で確認された感染者は139人でそのうち39人が死亡している(高齢者のみ?)とのこと。

私が咬まれたのはたぶん9日で近所の里山で遊んでいた時。

発見したのは11日の晩。

なんとなく傷だらけの足を見て、かさぶたを剥がしまくっていたら、

左足くるぶしに見覚えのないかさぶたが・・・。

ぺろんとめくれはしたが、最後の一皮がくっついていて取れないbearing

血が出ることを覚悟の上で勢いよく剥がして観察。

「かさぶたに毛がついてる?」

「・・・」

「足やがなshock

DSC_0930.JPG

体長2~3ミリのマダニさんですbearing

山で遊ぶ人間としてはそれなりに知識はあり、

無理にはがすと胴体がちぎれ、

頭部が皮膚に刺さったままになるので、

自分で剥がしてはいけないことなど百も承知sign01

でもね、かさぶたにしか見えず剥がしちゃったdespair

画像をみると、お口も綺麗に残っているようにみえます。

たぶん綺麗に引っこ抜けたんじゃないでしょうか・・・?

あとは・・・、

感染した場合、10日前後の潜伏期間があり、

その後、発症する可能性があるみたいなので要経過観察。

もし、私が道端に倒れていた場合、救急隊員にマダニに咬まれたことお伝え願いますbearing

 

そんなわけで、富士見パノラマダウンヒルでクラッシュしたことを書くつもりだったのに

マダ日記になってしまいました。

また後日書きます。

DSC_1006.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA