なれ

 こんにちは!大槻ですhappy01

 先週は箕面・時習堂で北山先生の講義を受けて来ました。この2ヶ月に一度ある2時間は、自分磨きの時間と思っていて、できるだけ先生のお話を聴き洩らす事のないよう、集中して聴くようにしています。普段、人の話を2時間座って聞く事がないので、良い緊張感と、身の引き締まる時間でもあります。

 

 先生はお話された事、頂いた資料を人に伝えたり、見せたりすることを拒まず、むしろ良い事はどうぞ伝えてくださいと言って下さるので、ブログや弊社で毎月1回発行している『マツケン通信』にも書かせてもらっています。

 今回お話の中で、先生が某企業の研修で、入社1年目の社員の方にお話された内容の1部を紹介してくださいました。

それは、「なれ}についてで、なれと聞けば、漢字でこの「慣れ」を思い浮かべていたのですが、「なれ」には3つあるそうです。

1つ目は、狎れ

動物がじゃれつく、礼を失するほどなれなれしくする

2つ目は馴れ

素直だけど問題意識がなく、改革改善がない

3つ目は慣れ

志をつらぬきながら熟練していく、経験を重ねる事で上手にできるようになる

さて、あなたはどの「なれ」でしょうか?

 社会人1年目の頃の私は、いや長い間、馬ヘンの馴れでした。今はこれまでの経験の中で、前よりも色々な事に気付けるようになってきたと思います。

まだまだですがsweat01与えられた事以上の事が出来る様になりたいと思いますrock

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

ミラブル

次の記事

鉛筆削り