羊と鋼の森

毎日暑いですね。連日35℃以上の猛暑!しばらく続くかと思うとげんなりします・・

 

最近ピア活(ピアノ活動?)に勤しんでいます。思うように捗らないときは、ピアノにまつわる本や映画を見ることにしています。

何かしら演奏の参考になっていたりします。

 

ピアノ好きには外せない1作、「羊と鋼の森」を先日鑑賞しました。

ピアノ調律師の青年の成長物語ですが、調律師にスポットを当てる話もとても珍しく、本当に縁の下の力持ち!といった職業だと感じます。

私も2年に1回は調律していただきますが、通常2時間くらいかかりますし、1日何件かあると思うので、体力・気力勝負だと思います。

原作は風景描写(森の中や雪のシーンなど)が絶妙だったのですが、映画でもその世界観が失われていなくて、とても臨場感がありました。

映画は旭川で撮影していたそうです。北海道、なるほど雪深い!

主人公の山崎賢人さんのみずみずしい演技にも大注目でした。

割と淡々と進んでいくストーリーですが、最後はやっぱりピアノを弾きたくなっていまう・・

 

さて、次は何を見ようかな~?

 

中西

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事