こんにちは!大槻です

先月、遠方で一人暮らしをしている娘の家の玄関先にバナナの皮が2つ捨てられているという事がありました

コロナ禍だった事もあり、1度も現地に見に行く事もなく決めてしまったハイツで、築年数が浅く、広くて綺麗な部屋だったのですが、意外と家の前の道路は車の通りが多い事が、後になって分かりました。

バナナの皮の一件から、不気味で何かしてやれる事はないだろうかと考えた時、4.5年前に疫病・災難除けのお守りとして祇園の粽を頂いた事を思い出しました。そんな話を社長に話したところ、祇園『舞扇』というお店のご主人に頼んで下さり、粽を送ってくださいました。本当にありがとうございます

2つ分けていただき、1つは娘宅に、もう1つは我が家の玄関先に飾りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

パワフル

次の記事

羊と鋼の森