本との出会い

こんにちは!大槻です

時々行く図書館では、読みたい本を決めて行く時もあれば、行ってから探して借りる事があり、

そんな時は今の自分に合う、必要となる本と出会える事を願いながら見て回ります。

そして目に留まったのが日野原重明先生のご著書

15歳の寺子屋とあり、子ども向けに書かれた本ですが、大人が読んでも感銘受ける本で夢中になって読みました。

なりたいと思うモデルをを見つけるとありましたが、素敵に歳を重ねておられる方々をみると、歳をとる事も悪くないなぁと前向きにとらえられます。

数々の困難な事がありながらもそれを糧に、世の為人の為に尽くし天寿をまっとうされた日野原先生の言葉✨

購入して手元に置き何度も読みたいと思いました。

もう一冊は予約して大阪市立図書館から借りてもらった本

商人の教えを説いたものでかなり読み込まれている様でした。

何か商売をしたいわけではないのにこういう本が気になるのは何故かとも思いながら本を開くのが楽しみです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

ネコパン

次の記事

洗濯